国立研究開発法人土木研究所

論文・刊行物検索

利用者の方へ

詳細情報

発表 カメラ画像を用いた河川の水辺利用実態調査

作成年度 2022 年度
論文名 カメラ画像を用いた河川の水辺利用実態調査
論文名(和訳)
論文副題
発表会 第18回景観・デザイン研究発表会
誌名
巻・号・回
発表年月日 2022/12/10 ~ 2022/12/11
所属研究室/機関名 著者名(英名)
土木研究所(現 内閣府科学技術・イノベーション推進事務局)鶴田舞(TSURUTA Mai)
土木研究所(現 東京大学地域未来社会連携研究機構)坂本貴啓(SAKAMOTO Takaaki)
抄録
全国一級河川の直轄管理区間では,河川空間の利用実態を把握し,良好な河川空間の保全・整備に資することを目的に,河川水辺の国勢調査(河川空間利用実態調査)が行われている.調査結果は,場所別(水面,水際,高水敷,堤防)及び利用形態別(スポーツ,釣り,水遊び,散策等)に利用者数が集計されているが,かわまちづくり等魅力ある水辺空間の創出や,既存整備箇所の効果的な維持管理のためには,より詳細に利用状況を取得・分析できることが望ましい. そこで本調査では,活発な利活用が見られる遠賀川(福岡県)直方の水辺を対象として,タイムラプスカメラを設置して撮影を行い,画像分析を通じて水辺を利用する人々の活動状況(場所,利用形態,人数,時間等)を把握した.その結果から,利用実態調査のポイント及び,利用特性と水辺空間との対応状況を整理した.
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2022 Independent Administrative Institution Public Works Research Institute