国立研究開発法人土木研究所

論文・刊行物検索

利用者の方へ

詳細情報

発表 施工環境および暴露環境が表面被覆工の接着性と遮塩性に及ぼす影響

作成年度 2016 年度
論文名 施工環境および暴露環境が表面被覆工の接着性と遮塩性に及ぼす影響
論文名(和訳)
論文副題
発表会 コンクリート構造物の補修、補強、アップグレードシンポジウム
誌名 コンクリート構造物の補修、補強、アップグレード論文報告集
巻・号・回 16 
発表年月日 2016/10/13 ~ 2016/10/14
所属研究室/機関名 著者名(英名)
iMaRRC熊谷慎祐
コニシ(株)櫻庭浩樹
iMaRRC加藤智丈
iMaRRC佐々木厳
iMaRRC西崎到
抄録
表面被覆材がコンクリートと一体性を失う一因は,過酷な施工環境や供用環境に起因する接着力の低下である可能性が高く,特に,気体や液体を透過しやすくなった基材に表面被覆材を塗布すると,表面被覆材に膨れや剥がれが生じるリスクが高まる1-4).本研究では,過酷な環境で表面被覆材を施工した表面被覆材の屋外暴露1年後の接着性と遮塩性について検討を行った.その結果,基材の品質,施工環境および供用環境によっては,表面被覆材と基材との一体性は低下し,ふくれなどの変状発生の潜在的リスクとなり得る.又,ふくれなどの変状により,表面被覆材と基材の一体性が生じていても,表面被覆材の遮塩性は維持されていることを確認した.
ページの先頭へ

この画面を閉じる

Copyright (C) 2022 Independent Administrative Institution Public Works Research Institute